スロー・ジン 「Sloe gin」

スロー・ジンはイギリスの家庭で作った甘くて香り豊かなお酒です。味が元のジンと秋のプラムの一類の「スロー」からきます。二か三ヶ月間の熟成の待つ間が必要なのにすごく作りやすいです。スローがクリスマスの三ヶ月前に熟するのだからクリスマスのため出来上がります。スローの木が北ヨーロッパで生えるからこのレシピはヨーロッパに住む日本人のためです。

スロー・ジンの材料

  • スロー 450g
  • 砂糖 100−200g
  • ジン 1l

スロー・ジンの材料

スロー・ジンの作り方

簡単です!

スローを集める

スローの木

スローはイギリスの公園とか田舎の道端とか茂みに生えて自由に取られます。木が高くないから取りやすいですが棘もあるので気をつけてください。

スローを冷凍する

冷凍すれば、スローの皮が割れて味がもっとやすくジンに入ります。スローはすすいでから冷凍するまでに冷凍庫に置きます。全部のスローが割れなくても問題ないです。

スローをジンに入れる

スローを適当な瓶に入れてからジンを注ぎます。

お砂糖を入れます。私は100gだけを使うのですが、甘さが個人的なことだから最初に100gぐらいを入れてからスロー・ジンが熟成する前自分の味覚に似合うほどお砂糖を加えた方がいいです。

ジンにあるスロー

待つ!

瓶を暗い所に置いて時々穏やかに振ります。二ヶ月間後、毎週試食して味がちょうどよかったらスローを捨て、新しい瓶に移します。

味について

スローからきた味は最初に渋すぎるのですがだんだん香り豊かになります。もっと時間がかかたら、種のアーモンドのような味が出て強くなります。その味ともっと速い香り豊かなのとのバヤンスが自分のためちょうどいい時にスロー・ジンができました。

飲み物とスロー・ジンのカクテル

スロー・ジンが梅酒と似ている点もあるから、梅酒の似合う飲み方がスロー・ジンにも似合うのです。

ちっちゃい時、寝る前祖母にスロー・ジンの少しを飲ませたから今でもその同じようにストレートで飲むことです。それはだいたいのイギリス人の飲み方でしょうけど、オンザロックの方かカクテルの方も美味しいです。

スロー・ジン・フィズのカクテル

大好きなスロー・ジン・フィズのカクテルを飲んでみてください。

  • スロー・ジン 50ml
  • レモンジュース 25ml
  • 砂糖 1tsp
  • ソーダ水 適量
  1. ソーダ以外の材料をシェークします。
  2. 氷を入れたタンブラーに注きます。
  3. ソーダで満たします。
  4. 飲みます!

他の美味しそうカクテルのレシピ、英語で。

スローについて

スロー「英語でsloe」はイギリスの公園とか田舎の道端とか茂みに生えて自由に取られるプラムの一種です。大きさは直径1.5cmぐらいで紫をして九月ごろ熟します。苦すぎるのでそのまま食べられないのです。もつと大きな「ブレス」と「ダムソン」というプラムの一種もあってそれも美味しいジンになるのです。

スローの木

—————————-

Sloe gin is a sweet, fragrant liqueur made at home in Britain.  The flavour comes from the gin base and sloes which are a kind of plum.  Though it takes two to three months to come ready, it’s amazingly easy to make.  Sloes themselves ripen about three months before Christmas, so it comes ready at Christmas time.  Since sloes grow in Northern Europe, this is a recipe for Japanese who live in Europe.

Sloe gin ingredients

  • Sloes 450g
  • Sugar 100-200g
  • Gin 1l

スロー・ジンの材料

Making sloe gin

It’s easy!

Gather the sloes

スローの木

Sloes grow in parks, the countryside and hedgerows in Britain and are there for the taking.  Sloe bushes aren’t tall, so they’re easy to gather, but watch out for the thorns.

Freeze your sloes

When you freeze sloes, their skin splits and the flavours enter the gin more easily.  Wash the sloes and then put them into the freezer for as long as it takes to freeze them.  Don’t worry if not all of them split.

Put the sloes into the gin

Put the sloes into a suitable bottle and pour over the gin.

Put in the sugar.  I use just 100 grams but as sweetness is a personal thing I’d advise putting in 100 grams to start with and then as the drink matures adding sugar to suit your personal taste.

ジンにあるスロー

Wait!

Put the bottle in a dark place and shake gently every now and then.  After two months, taste every week and when it’s just right discard the sloes and decant the gin.

About flavour

At first the flavour from the sloes is too astringent, but gradually it softens and becomes more fruity.  As well as that, the more time passes the stronger the almond-like flavour from the sloe stones.  The sloe gin is ready when the balance of that flavour and the faster fruity one is just right for you.

Drinking sloe gin and cocktails

Because sloe gin has many points in common with umeshu, any way of drinking umeshu is also suited to sloe gin.

When I was little, my grandmother would give me a little sloe gin before bed, so even now I drink it the same way – straight.  Which I think is probably the way most British people would drink this, but it’s also delicious with ice or in a cocktail.

スロー・ジン・フィズのカクテル

Give this sloe gin fizz cocktail (which I love) a try.

  • Sloe gin 50ml
  • Lemon juice 25ml
  • Sugar 1tsp
  • Soda water
  • Ice
  1. Mix all the ingredients but the soda water
  2. Pour into a tumber filled with ice
  3. Top up with soda water
  4. Drink

Other recommended cocktails.

On the subject of sloes

Sloes are about half an inch in diameter, purple and ripen around September.  They’re too bitter to eat just as they are.  There are also similar, larger plum types bulaces and damsons, from which good gins can also be made.

スローの木

広告

クリスマスのパイのミンスミート 「Christmas mincemeat」

お菓子が一体なぜか「ミート」と言う?

イギリスの人気な「ミンスミート」を詰めたクリスマスのパイは「ミンスパイ」といっても、お肉が入ってない菓子です。英語の「ミート」という言葉は昔今日のお肉の意味よりひろくて「食べ物」という意味お持っていました。それでイギリスの伝統的な料理のうちにお肉が入ってない「ミート」という食べ物もあります。ミンスミートとクリスマスのミンスパイが一例です。

ミンスミートのレシピ

このブログの焦点がミンスミートの作り方です。ミンスミートは作ってから、味の熟成ためせめて二週間を待った方がいいのでクリスマス日のパイのため、十二 月の上旬に作らなければならないのです。クリスマスの時にまたブログをして生地とパイの作り方を説明します。(実というと私は生地を作らなくてスーパーの 冷凍食品を使います。怠け者だから。)

気をつけて、イギリスで美味しくないスーパーのミンスパイが多いです。このレシピを使ったら、普通のスーパーで買ったミンスパイよりずっと美味しいものができます。イギリスの本物のクリスマスの味を食べてみて下さい。

クリスマスのミンスパイのミンスミートの材料

  • 干しぶどう  (小粒の類、英語でcurrants)100g
  • 干しぶどう  (大粒の類、英語でraisin)100g
  • 干しぶどう  (黄色の類、英語でsultana)100g
  • (各の類の干しぶどうが役割もあるがもし手に入らなかったら、普通の干しぶどうか干しぶどうと好きなドライフルーツを使ってください。その役割が下に説明もあります。)
  • 干しクランベリー 100g
  • オレンジの皮 1個の
  • レモンの皮 1個の
  • 料理用りんご 1個
  • バター 75g
  • アーモンド 30g
  • 砂糖(できればマスコバト砂糖)125g
  • シナモン 小さじ1/2
  • クローブ 小さじ1/2
  • ナツメグ 小さじ1/4
  • レモンジュース 1個の
  • オレンジジュース 1個の1/2
  • ラム酒 (かブランデー) 75ml

ミンスミートの材料

クリスマスのミンスミートの作り方

料理用りんごの皮をむいてリンゴがレーゾンとのほぼ同じサイズになるため細かく刻みます。

刻んだリンゴ

アーモンドを同じように刻みます。

刻んだアーモンド

レモンとオレンジの皮を細かく刻みます。

刻んだオレンジとレモンの皮

ラム酒以外、全部の材料をパンに入れてバターが溶けるまで少し熱します。

材料の入れたパン

火を切ってかラム酒を入れてよく混ぜます。無菌して冷ましておいた密閉容器にミンスミートを入れます。せめて二週間を待ちます。

できたミンスミート

 

ミンスミートの歴史と材料について

イギリスは昔、冬で新鮮な食べ物が少ないので保存しやすい食べ物による国になりました。それで冬の代表的な食べ物にはドライフルーツやナッツやアルコールがよく出てきます。

もっとお金を持つ人がその材料と一緒、手に入りにくいスパイスやお砂糖や柑橘を食べたのです。ミンスミートはその全部の材料を含めて、こってりした味が出てきます。熟成時間が必要で二か三ヶ月間前にミンスミートを整える人もいます。

このレシピの干しクランベリーは別にイギリス的ではないのですが私はクランベリーの酸味が好きです。

オレンジとレモンの皮の代わりに「candied peel」という甘い干し皮を使うレシピも多いですが私は新鮮の果物の皮がもっと美味しい味を持ってくると思います。リンゴと一緒に明るい味を入れます。

バターはたくさんのレシピがその代わりに英語で「suet」という牛肉の油をつかいます。昔には英語の「meat」という言葉の意味が「お肉」より広くてもミンスミートに牛肉の油と一緒にひき肉を入れるレシピもありました。そお肉の伝統が十九世紀でなくなりましたが私の意見では牛肉の油を使うレシピがそのお肉の伝統からきてバターの方はおいしいのでバターを使います。

干しブドウがミンスミートの基本で各の類が役割もあります。類の違いが細かくても昔の新鮮な食べ物がほとんどない冬のイギリスではとても大切でした。

小粒の類の「currants」は夏のblackcurrantsとかredcurrantsと違ってギリシャで植えた小さい黒いブドウで作られています。甘さのため大事でミンスミートの中に干した形と味を持ち続けます。

もっと大きな「raisin」はモスカテルのブドウから作ったのです。Currantと違って他の材料の味とお酒を引き込むからミンスミートのため大事です。熟成時間ではraisinが他の材料より変わります。

一番大きな「sultana」はジューシーでcurrantと対象になります。舌触りと色のため使いますが手に入らなかったら、構わないのです。

——————————————

Why the bobbins is a sweet food called ‘meat’?

The ‘mincemeat’ filled pies popular at Christmas in Britain may be called ‘mince’ pies, but are in fact sweets containing no meat.  The English word meat formerly had a much broader meaning and as a result amongst traditional foods in Britain there are several called meat that contain no animal flesh.  Mincemeat and mince pies are examples.

Mincemeat recipe

The focus of this blog post is mincemeat.  Once the mincemeat is made, you should wait at least two weeks for the flavour to develop and therefore should be making the mincemeat in early December.  At Christmas I’ll blog again and explain how to make the pastry and mince pies themselves. (In actual fact, I don’t make pastry, but use frozen from the supermarket.  Because I’m lazy.)

Do watch out, because by and large supermarket mince pies aren’t up to much.  If you follow this recipe you’ll produce something a lot better than you can get from a supermarket, so please do have try out the authentic taste of a British Christmas!

Ingredients for Christmas mince pie mincemeat

  • Currants  100g
  • Raisins  100g
  • Sultanas  100g
  • (Each of these types of dried grapes has its own role to play, but if you can’t lay hands on these then use raisins or raisins and your choice of dried fruit.  I’ve explained the roles below.)
  • Dried cranberries  100g
  • Peel of one orange
  • Peel of one lemon
  • One cooking apple
  • Butter  75g
  • Almonds 30g
  • Sugar (if possible muscavado sugar) 125g
  • ground cinnamon  1/2 tsp
  • ground clove 1/2 tsp
  • grated nutmeg 1/4 tsp
  • Juice of one lemon
  • Juice of half an orange
  • Rum (or brandy) 75ml

ミンスミートの材料

How to make mincemeat

Remove the skin and core from your apple and chop finely enough that the pieces of apple are roughly the size of a raisin.

刻んだリンゴ

Chop the almonds in a similar fashion.

刻んだアーモンド

Finely chop the lemon and orange peel.

刻んだオレンジとレモンの皮

Leaving out the rum, put all the ingredients in a pan and mix over a low heat until the butter has melted.

材料の入れたパン

Turn off the heat, add the rum and combine.  Put the mincemeat into a sterlised glass jar.  Leave for at least two weeks.

できたミンスミート

About the history and ingredients of mincemeat

Back in the day, given there wasn’t much fresh food in winter, Britain developed a winter food culture around preserved foods and as a result our typical winter foods often feature dried fruits, nuts and booze.

Those with more money would, alongside these indredients, eat scarcer foods like sugar, spices and citrus fruits.  Mincemeat combines all of these, with a resulting rich flavour.  Because these flavours need to mature, there are in fact people who make their mincemeat two or three months in advance.

The dried cranberries in this recipe are in fact not traditional, but I like their sharpness.

Plenty of recipes use candied peel instead of fresh orange and lemon peel, but to me the taste of fresh peel is better.  Along with the apple, it brings a bright flavour into the mincemeat.

Lots of recipes use suet (beef fat) instead of butter.  In fact, in years gone by even though the meaning of the word ‘meat’ didn’t necessarily mean the inclusion of animal flesh, there were also recipes that called for the inclusion of minced meat as well as the beef fat.  That tradition of using meat died out in the nineteenth century and in my opinion the practice of using beef fat is a hangover from those times and I prefer to use butter.

Dried grapes of one kind or another are the foundation of mincemeat and each kind has a distince role.  Admitedly the differences between types of raisin are small, but they were nonetheless important in a Britain that had to do without fresh food throughout winter.

The smallest type, currants (not to be confused with the fresh blackcurrants and redcurrants of summer) come from tiny black Corinth grapes grown in Greece.  They’re important for their sweetness and hold their original flavour and form in the mincemeat.

The larger raisins are made from moscatel grapes and differ from currants in that they take on other flavours and absorb booze, which is pretty important in mincemeat.  During the maturing time, it’s raisins that change the most.

The largest sultanas are a contrast to currants in their juiciness.  They’re used for their texture and colour, but if you can’t lay hands on these it’s not a big deal.

 

ちっちゃいスコッチエッグ/ Wee scotch eggs

スコッチ卵がイギリスに始まりましたがどこで最初に作ったのが知られていないのです。ロンドンのフォートナム・アンド・メイソンというデパートが十八世紀で旅人のお弁当のため始まりスコッチ卵を作ったの考え方もあるのです。その考え方によると、スコッチ卵がスコットランドと関係ないのですがそれで「スコッチ」の意味が不思議です。しかし、イギリスの昔のレシピ本は他のスコッチと言って焼いた食べ物も含めているそうです。

スコットランドとの関係がなくても少しのスコットランド弁を紹介するため、このレシピを「Wee scotch eggs」と言っています。「ウィー」というのはスコットランドで「ちっちゃい」という意味です。

スコッチエッグの材料

  • ウズラの卵 十二個
  • ソーセージの肉 300g
  • お好みのハーブ 一握り
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • パン粉 125g
  • 卵 二個
  • 植物油 2L

DSCF0030.JPG

スコッチエッグの作り方

ウズラの卵を茹でる

卵をパンで沸騰した湯に入れて、二分だけで茹でます。卵を水で冷まします。卵の皮を剥きます。

with shells for blog
ウズラの卵

ソーセージの肉を整える

ハーブを細かく刻んでから、ソーセージの肉と塩とこしょうを手でよく混ぜ合わせます。

ソーセージの挽肉

スコッチエッグを作る

各卵をソーセージの肉で包みます。できるだけ、外の肉を薄くします。溶き卵にくぐらせて、パン粉をつけます。

forming 1 blog

forming 2 blog

forming 3 blog

predipping.jpg

dip 1

dip 2

pre cook.jpg

スコッチエッグを焼く

180度位の油で三つか四つのスコッチ卵を四分ぐらい揚げてから、出来上がりです。

temperature

ウズラのスコッチ卵

材料について

ソーセージの肉というのはイギリスのソーセージの中の肉です。イギリスで「sausagemeat」はお肉屋でそのままで買えます。材料は豚の脇腹肉や豚肩肉やパン粉も含めていますが各お肉屋のレシピが違います。

日本にはすこし手に入りにくいものかもしれないが、もしイギリス風ソーセージを買えたら、それの中の肉を取り出して使てください。そうするとソーセージを選んだら、気をつけてください。日本の人気のドイツ風のソーセージがこのレシピのため適当ではないのです。

もしsausagemeatかイギリス風のソーセージが手に入らなかったら、日本の合挽き肉も使えると思いますがそうすれば、合いびき肉と一握りのパン粉を混ぜ合わせてください。

ハーブは好きな用に使てください。スコッチ卵のため、イギリスでではセージもパプリカもナツメグも使われていることです

————-

Scotch eggs originated in Britain, but it’s not known exactly where they began.  The London department store Fortum and Mason claims they first created scotch eggs as portable food for travellers in the eighteenth century.  And according to that theory, scotch eggs have nothing to do with Scotland, and why they are called ‘scotch’ is a bit of a mystery.  However, old British recipe books feature quite a few other recipes for cooked dishes titled ‘scotch’.

Anyhow, even if there’s no Scottish connection, in order to introduce a bit of Scots I’ve called these ‘wee scotch eggs’.  ‘Wee’ being roughly equivalent in meaning in Scotland to ‘chichai’ in Japanese.

Scotch egg ingredients

  • 12 quails eggs
  • 300g sausagemeant
  • handful of herbs, as you like
  • salt
  • pepper
  • breadcrumbs – about 125g
  • two eggs
  • vegetable oil for deep frying – about 2L

DSCF0030.JPG

Making your scotch eggs

Boil the quails eggs

Put the eggs into boiling water and cook for two minutes, no more.  Remove the eggs and cool in cold water.  Remove their shells.

with shells for blog
ウズラの卵

Prepare the sausagemeat

Chop your herbs finely and add with salt and pepper to the sausagemeat, mixing well by hand.

ソーセージの挽肉

Make the scotch eggs

Wrap each egg in sausagemeat, making the sausagemeat exterior as thin as possible.  Dip each egg in beaten egg and roll it in the breadcrumbs.

forming 1 blog

forming 2 blog

forming 3 blog

predipping.jpg

dip 1

dip 2

pre cook.jpg

Fry the scotch eggs

Cook three or four eggs together in oil that has come to 180 degrees (C).  Then they’re ready!

temperature

ウズラのスコッチ卵

About the ingredients

Sausagemeat is the meat that comes inside sausages in Britain.  Over here you can buy it just as it is from butchers.  It’s main ingredients are pork shoulder, pork belly and breadcrubms, but every recipe is different.

Getting hold of sausagemeat might be tricky in Japan, but if you can buy British-style sausages then please take out the meat from inside and use that.  But take care if you take this option, as the German-style sausages most popular in Japan are not suitable for this recipe.

If you can’t get hold of either sausagemeat or British-style sausages, then I think you could use what’s called ‘aibikiniku’ (mixed ground pork and beef) in Japan, though it’s probably best to add some breadcrumbs into the meat.

As for the herbs, please use what you want.  For scotch eggs, in Britain we might typically use sage, paprika and nutmeg.