イートン メス

イートン メスとはイギリスの美味しい夏のデザートのうちで一番作りやすいです。もし、焼きメレンゲは自分で作らないで買ったら、より簡単です。

毎年のイートン校とハロー校の高級な私立学校のクリケット抗戦で食べられているお菓子です。

イートンメスの材料

  • いイチゴ  300g
  • 粉砂糖  大さじ
  • 焼きメレンゲ  50gぐらい 「イチゴとおよそ同じ体積」
  • 生クリーム  200cc
  • ミント  「少量、付け合わせに」

イートンメスの作り方

  1. イチゴは食べやすい大きさに切ります。
  2. 切ったイチゴの4部の1を粉砂糖と一緒、ミキサーでピューレにします。
  3. 生クリームをボールに入れ、ハンドミキサーでホイップクリームを作ります。ホイップクリームがとても固くなる前、まだ締まりのないところにちょうどいいです。
  4. ホイップクリームと残りのイチゴに、焼きメレンゲを崩しながら加え、軽くかき混ぜます。
  5. ボールにホイップクリーム、イチゴ、メレンゲを入れ、プューレを加え、少しだけかき混ぜます。ミントを付け合わせます。

イートンメスの名前と季節について

昔からイートン校で提供されたので名前を受けたそうです。とにかく、簡素な料理でもイートンの名前でかなりぜいたくなイメージを持ってるのです。メスとはメチャクチャではなくて、古風な語で食べ物という意味です。

イギリスのイチゴの出回る時期が語月から八月までで夏の料理ですが日本の方はイチゴの出盛りが冬なので、寒い日の御馳走になるでしょう。

広告

ピムス 「Pimm’s」

イギリス人の考え方ではピムスイコール夏なのです。よく雲ているイギリスでは暖かく晴れた日が来ると大勢の人がパブのビアガーデン行ってピムス カクテルを飲むのです。

ピムスがウィンブルドン全英テニス選手権大会やヘンリー・ロイヤル・レガッタなどのイギリスを代表するイベントのなくてはならない飲み物と言えると思います。

ジンをベースにした、さわやかな果物とハーブとリキュールがミックスされた、甘くほろ苦い清涼の飲み物です。

ピムスカクテルの材料

ピムスの材料

  • ピムス  1
  • レモネード  「7UPとかSpriteのような」 3
  • キュウリ  スライスした
  • 果物  「オレンジ、イチゴ、レモン」スライスした
  • ハーブ  「ミントやあればルリジサの葉と花」
  • レモン汁  少量

ピムスカクテルの作り方

簡単です!

  1. 時間あれば、飲むの一時間ごろ前に、ミントを少しつぶし、キュウリ、オレンジ、レモン、ハーブとピムスをピッチャーに入れ、冷蔵庫に入れます。
  2. 氷、レモネード、イチゴを入れ、軽くかき混ぜます。お好みほど少しレモン汁も加えます。
  3. 日光で飲みます。

ピムスについて

ピムスが19世紀のロンドンでジェームズ・ピムに考案されました。最初にいろいろな酒をベースにした6の種類のピムスをオイスター バーで売りましたが、今ピムス No.1 カップと呼ばれた種類しか売られていないのです。

イギリスではミクサーのためほとんどレモネードを用いるのですがお好みように何の透明炭酸飲料も使えます。

ルリジサが伝統的ですが今大体の人がミントだけを使います。イギリスにイチゴが夏の果物でピムスのためたいてい入れますがリンゴとかを入れる人もいます。