ケジャリー

ケジャリーはインドに由来をもつイギリス料理のひとつである。大英帝国の時代、イギリスのインドの植民がインドの起源のキチュリと呼ばれる料理を変更して、朝食としてイギリスに紹介しました。今回、もっと広くて食べているので、私はよく家族で昼ご飯のため作ります。

ケジャリーの材料

ケジャリーの材料

  • 冷やご飯  4人前/450gぐらい 「できれば、バスマティライス」
  • コダラの燻製  450g
  • バター  120g
  • タマネギ  一個  「細かく刻んだ」
  • 辛いチリ「かチリパウダー  」 一本  「刻んだ」
  • カルダモン種  二個  「つぶした」
  • カレー粉  二つの小さじ
  • ウコン  小さじの半分
  • エンドウ豆  「冷凍」100g
  • ゆで卵  二個
  • パセリ  一握り  「刻んだ」
  • レモン  二個  

ケジャリーの作り方

  1. エンドウ豆を戻し、レモンの一個を絞ります。レモンの一個とゆで卵を四分に刻みます。
  2. コダラは鍋に入れ、 全部が浸かるだけの十分な沸騰させた水を鍋に加えます。
  3. 10分寝かせてから、湯を捨て、触れられるほどコダラを冷やして、ほぐします。
  4. 鍋にバターを溶かし、タマネギが柔らかくなるまで炒めます。
  5. チリ、カレー粉、カルダモン、ウコンを入れ、2分炒めます。
  6. ご飯、コダラ、エンドウ豆を鍋に加え、温めるまで混ぜます。
  7. 火から下ろし、パセリとレモン汁を加え、混ぜます。
  8. 塩で風味をつけます。
  9. 器に盛り付けて、ゆで卵とレモンを添えます。食べる時に好みでレモンを絞りかけます。

バターとタマネギ

鍋にいるケジャリーの材料

ケジャリー

ケジャリーについて

実を言うと、この料理にしては、魚の種類が大事です。インターネットで読んで日本語のレシピがよくスモークサモンもしくはサバを用いるのですがそういう脂身の多い魚の味がケジャリーには似合わないわけです。白身の魚だけが役に立つので、コダラの燻製が手に入らなかったら、新鮮なコダラとかタラを使った方がいいのです。

広告

ラムのロースト

サンデーローストというのは日曜日のごちそうです。もっと貧乏な昔には普通な家庭が毎日肉を食べなくて、お休みの日曜日に家族そろって塊肉か鶏を食べたのです。次の平日に塊肉の残り物あったら、それでご飯を作るのでした。例えば、骨でスープを作ったりし、食べ残しの肉をサンドに入れたりすることでした。

今、そういう倹約の必要があまりなくても、サンデーローストの伝統がまだ続いているのです。特に忙しく、平日にあまり合わない家族はサンデーローストを大事にします。用意の時間かかってのんびり食べるサンデーローストは、今度のファーストフードに向けイギリスの本物のスローフードです。

ラムのローストの材料

ラムのローストの材料

  • ラムの足の塊肉  「4人なら400gぐらい」
  • ローズマリー  (生) 4本
  • ニンニク  3片
  • 塩  適量
  • コショウ  適量

ミントソース

  • ミント  一握り
  • 酢  150ml  「あれば、モルトヴィネガー」
  • 砂糖  50g

グレービーソース

  • ワイン  2杯
  • 小麦粉  小さじ

ラムのローストの作り方

  1. オーブンを220Cに予熱します。
  2. ニンニクを細長く切ります。
  3. 肉をくしかナイフに10回ぐらい刺し、穴にニンニクとローズマリーを詰め込みます。
  4. 塩を表面全体にすり込み、バットに載せて大さじのサラダ油を肉にかけます。
  5. オーブンに入れ、30分後温度を170Cに下げます。また15分で焼きます。「ミディアムレアのため。ミディアムウェルかもっと重い塊肉のため15分長く焼きます。」
  6. オーブンから取り出して、ホイルに包みます。
  7. 切りやすくするため、室温に15分おいて落ち着かせます。

ラムに詰込めたローズマリー

焼いたラム

グレービーソースの作り方

  1. 肉のバットを弱火に載せ、残った汁とものにワインを加えます。
  2. 激しく木べらで混ぜながら、アルコールの味がなくなるまで煮ます。
  3. 小麦粉を茶こしふるい入れ、弱火になめらかになるまで混ぜます。
  4. 塩、コショウで味をととのえる。

グレービーソース

ミントソースの作り方

  1. ミントの葉をみじん切りにします。
  2. 弱火で砂糖を酢に溶けます。
  3. ミントを酢に加え、ミクサーにかけてよく混ぜます。
  4. 室温に冷えたら、食べます。

ラムのロースト

食べ方

写真のようにラムのスライスと野菜やローストポテトをつけて出します。お好みようにグレービーソースとミントソースをラムとジャガイモにかけます。

カリフラワーチーズ

カリフラワーヂーズとはカリフラワーにチーズソースを添えた料理。

カリフラワーヂーズの材料

カリフラワーチーズの材料

  • カリフラワー  一個
  • バター  40g
  • 小麦粉  40g
  • 牛乳  250-300ml
  • マスタード  小さじ
  • チーズ  100g  「おろし金でおろした」

カリフラワーヂーズの作り方

カリフラワーを用意する

  1. オーブンを240Cに予熱します。
  2. カリフラワーの花蕾をひと塊りに分けます。
  3. 焼き型に入れ、全体にサラダ油をふり、オーブンに入れます。カリフラワーは焼き色をつけまでちょっと軟らかく、歯応えまだあるほど焼きます。「5-10分ぐらい」「それとも、湯がく方法もあります。」
  4. オーブンから取り出し、190Cに変えます。 

焼いたカリフラワー

チーズソースを作る

  1. フライパンにバターを溶かし、弱火にします。
  2. 小麦粉を入れ、木べらで混ぜながら、粉っぽさがなくなるまで炒めます。
  3. 牛乳を少しずつ加え、混ぜ続け、なめらかにします。
  4. 火から下ろし、マスタードとチーズの五分の四を加え、混ぜ合わせます。



カリフラワーチーズを作る

  1. 耐熱器にカリフラワーを並べ、ソースを流し、残っているチーズを載せます。
  2. オーブンに入れ、25分焼きます。

カリフラワーチーズ

味と作り方について

マスタードの代わりにお好み味を付けられます。西洋わさびとかナツメグとかベーコンも美味しいです。

チーズはチェダーチーズが伝統的ですがブルーチーズも似合うのです。

私は書いたようにオーブンに最初焼きますが大体の人は湯がきます。オーブンのほうでカリフラワーが少し乾燥するから味がもっと濃厚になります。