菊芋スープ

このスープはイギリスを代表してストックに基づいてこってりしたスープの一つであるのです。「ストックの作り方がここ」。レシピをイギリス料理の基礎の「English Food」と言う本から取ったのです。

イギリスの菊芋スープはなんでパレスチナスープと呼ばれているか?

このスープは英語でパレスチナスープ「Palestine soup」と言われますが実際にパレスチナと関係ないのです。パレスチナスープの主成分が菊芋です。菊芋は英語でエルサレム・アーティチョーク「Jerusalem artichoke」と呼ばれています。きっとエルサレムとパレスチナの関係の理由で昔にこのスープが面白い名前を受けたのです。

ところで、菊芋の英語の名前はも珍しいです。菊芋と本物のアーティチョークは全然違う植物から来ても味がかなり似て入るので英語でアーティチョークと呼ばれてきたのです。名前の「Jerusalem 」の部分は元々のイタリア語のジラソール「girasole」と言う名前の英語の転訛です。

パレスチナスープの材料

パレスチナスープの材料

  • 菊芋  500g
  • バター 75g
  • タマネギ  一個か二個  「細かく刻んだ」
  • セロリ  一本  「刻んだ」
  • ニンニク  一片  「刻んだ」
  • ベーコン  二枚  「刻んだ」
  • チキンストック  1.5l
  • 生クリーム  60g
  • パセリ  「添えるための適量」

パレスチナスープの作り方

  1. 菊芋を5分で熱湯にくぐらせて、皮をむく。
  2. バターを鍋に溶けて、タマネギ、セロリ、ニンニクを入れ、柔らかくなるまでに炒める。
  3. ベーコンを入れ、炒める。
  4. 菊芋とチキンストックの3分の2を入れ、菊芋が柔らかくなるまでにとろとろ煮える。
  5. ミキサーにかけてピュレ状にする。
  6. 必要なら、お好み濃度を作るため残っているチキンストックを加える。
  7. 鍋に温めて、生クリームを加え、よく混ぜる。
  8. スープを出す前、刻んだパセリを加える。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中