イギリスのサラダ

イギリスは南ヨーロッパの国のほどのサラダの伝統がなくても、特に19世紀には温室のブームの理由で特有な歴史もあります。このごろはフランスやイタリア風のドレッシングをほとんど食べますが若い時の80年代にはイギリスの起源をもったサラダクリームのドレッシングがまだ人気でしたほ。

その時代にサラダクリームのほとんどが製造品でしたがこのレシピは19世紀の有名な「ビートン夫人の家政読本」から取りました。サラダの材料は私の提案でずが自由に変えてもいいでず。

ビートン夫人の家政読本
私のビートン夫人の家政読本。古い!

サラダクリームの材料

サラダクリームの材料

  • ゆで卵の卵黄  二個 (もっと厚いドレッシングのため、三個)
  • イングリッシュマスタード  小さじ2
  • レモン汁  一個の
  • 砂糖  大さじ
  • 酢  大さじ3
  • 生クリーム  150ml
  • 植物油  150ml
  • 塩  適量

サラダの材料の提案

レタスにピリッとしたクレソンとかキバナスズシロを加える。クレソンは19世紀からイギリスで人気だた。

サラダクリームの作り方

  1. 油と塩意外、材料をフードプロセッサーに入れ、なめらかに成ったまで撹拌する。
  2. 撹拌しながら、油を少しづつ加える。
  3. 塩で味を整える。
  4. サラダにかける。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中