トード・イン・ザ・ホール

トードインザホールとはイギリスの本物の家庭料理です。バッターにソーセージを入れて焼き上げた料理です。

安くて、作りやすいのでお金と時間がない時に合います。穴の中のヒキガエルという意味の変な名前の初めが不思議ですがトードインザホールのレシピが最初に18世紀の料理の本に出てきました。秘訣は焼いたバッターの皮がパリパリとして、中が軟らかいことです。

オニオンのグレービーソースを添えったら美味しいです。

トード・イン・ザ・ホールの材料

トードインザボールの材料

  • ソセージ  6本
  • 卵  2個
  • 小麦粉  100g
  • 牛乳  85ml
  • ビール  85ml
  • マスタード  大さじ
  • 油 適量

オニオンのグレービーソースの材料

  • 玉ねぎ 大一個
  • 砂糖 小さじ
  • バター 大さじ
  • ストック (野菜の、牛肉の。コンソメも使える) 300ml
  • 小麦粉 大さじ

トード・イン・ザ・ホールの作り方

  1. オーブンお220度に予熱する。ソセージが焼き色をつけまでフライパンで焼く。
  2. 卵をボールに入れ、とろみが出るまでよくかき混ぜる。(フワフワしたバッターのため泡立て器かハンドミキサーを使う。)
  3. 小麦粉と牛乳をだんだん加えながら、かき混ぜ続ける。ビールとマスタードを入れ、かき混ぜる。15分ほど寝かせる。
  4. パイディッシュに油を少し入れ、火に温めるから生地を流し込む。ソセージを入れ、オーブンに35分ぐらい焼く。

グレービーソースの作り方

  1. 玉ねぎを薄くスライスする。
  2. 鍋にバターを溶かして、玉ねぎと砂糖を加える。
  3. 玉ねぎは弱火で色づいてきて柔らかくなるまで焦がさない様に混ぜながら炒める。(10ー15分)
  4. 小麦粉を振り入れ、混ぜながら粉っぽさがなくなるまで炒める。(1-2分)
  5. ストックは徐々に加え、とろみが出るまで弱火で炒める。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中