イギリスのクリスマスディナー

投稿日:

下のリストはイギリスの代表的なクリスマスディナーを表します。もちろん家族によって普通な成分が違いますが大体のディナーがこういうパターンをたどります。

レシピの必要な料理は別なブログポストで説明しますが簡単な料理は下に説明します。

クリスマスのクラッカー

クリスマスクラッカーはイギリスの特色です。必ず我々のクリスマスの食卓に登場します。隣に座った人と、引っ張り合ってオープンすると「crack!」の音がして中から小さいプレゼントが出てきます。中にはおもちゃ、紙でできたクラウン、ジョークの書いた紙です。

クリスマスディナーの時間

ディナーといっても、遅い昼ごはんです!毎年3時に放送した女王のスピーチを見る方はそのまでに食べ終えますが、2時ごろ食べ始めて3時半か四時ごろ食べ終える人が珍しくないです。ディナーの後に食べすぎた理由でソファーに座り込む方が多いです。

クリスマスディナーの必要な成分

デザート

ソーセージ

「チポラータ」という小さいソーセージだけを食べるのです。

漬け物とクランベリーソース

漬け物とクランベリーソースの酸っぱい味が主料理の濃厚な味に合います。私は母親の通りにいつもん小さなタマネギやキュウリやクルミのピクルスを出します。

クランベリーソースは実際にアメリカの伝統ですがイギリスに採り入れました。

他に…おすすめ

上のクリスマスディナーの伝統があっても、もちろん他の方法もあります。

お肉

主料理の肉は普通に鳥ですがいつもシチメンチョウなの訳ではないのです。シチメンチョウがイギリスに伝えられた前に、ガチョウが一般でした。今にも2人でクリスマスを過ごしたらシチメンチョウが大きすぎる理由で主料理にとってガチョウかカモが人気です。

あるいは鶏肉の代わりにぜいたくだから鹿肉かビーフウェリントンがいいと思います。

ブレッドソース

このソースがクリスマスの伝統でも、私はあまり好きではないから作らないのです。しかし簡単にインターネットでレシピを見つけられます。

デザート

実をいうとクリスマスプディングが苦手なイギリス人がけっこう多いです。ある人にはクリスマスプディングのこってりした味がしつこすぎるのだと思います。フランスから伝えたユールログとかクリスマスケーキがクリスマスプディングの代わりの人気なデザートです。

飲み物

飲み物は自由に!食前酒のため、シャンパンかカクテルのバックスフィズはどうでしょうか?食後には私はスロージンを飲み好きです。他には日本でクリスマス日を過ごしたら、味の似ている点もあるのでそのからりに梅酒を飲むのでしょう。

マルドワインが人気なクリスマスの飲み物です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中