イギリスのサラダ

イギリスは南ヨーロッパの国のほどのサラダの伝統がなくても、特に19世紀には温室のブームの理由で特有な歴史もあります。このごろはフランスやイタリア風のドレッシングをほとんど食べますが若い時の80年代にはイギリスの起源をもったサラダクリームのドレッシングがまだ人気でしたほ。

その時代にサラダクリームのほとんどが製造品でしたがこのレシピは19世紀の有名な「ビートン夫人の家政読本」から取りました。サラダの材料は私の提案でずが自由に変えてもいいでず。

ビートン夫人の家政読本
私のビートン夫人の家政読本。古い!

サラダクリームの材料

サラダクリームの材料

  • ゆで卵の卵黄  二個 (もっと厚いドレッシングのため、三個)
  • イングリッシュマスタード  小さじ2
  • レモン汁  一個の
  • 砂糖  大さじ
  • 酢  大さじ3
  • 生クリーム  150ml
  • 植物油  150ml
  • 塩  適量

サラダの材料の提案

レタスにピリッとしたクレソンとかキバナスズシロを加える。クレソンは19世紀からイギリスで人気だた。

サラダクリームの作り方

  1. 油と塩意外、材料をフードプロセッサーに入れ、なめらかに成ったまで撹拌する。
  2. 撹拌しながら、油を少しづつ加える。
  3. 塩で味を整える。
  4. サラダにかける。

広告

コロネーションチキン 「Coronation chicken」

コロネーションチキンはアプリコットとカレー粉で味付けしたマヨネーズに入れて出される冷製の鶏肉料です。

イギリスでエリザベス2世女王の戴冠式の宴会のため考案されました。戦争のための配給制が続いている1953年にマヨネーズやカレースパイスを含んだ料理がかなりぜいたくに見えたのです。今、もっとお金持ちになって、好き好きが広くなったイギリス人にはコロネーションチキンの味がまだエキゾチックではなくてもよく食べます。

コロネーションチキンの材料

コロネーションチキンの材料

  • 鶏肉  一羽
  • マンゴ・チャツネ  大さじ2
  • 干しアプリコット  50g 細かく刻んだ
  • カレー粉  大さじ2
  • マヨネーズ  100ml
  • ヨーグルト   100ml
  • コリアンダー葉 一握り 刻んだ
  • アーモンド  50g  細かく刻んだ
  • レタスかチコリ  「レタスならサンチュとかのような持ちやすく小さい方」

コロネーションチキンの作り方

パンにある鶏

最初に鶏をヒタヒタの水でトロトロゆでます。「一時間半ぐらい。」冷ましたら骨抜きし、一センチ角ほどに切ります。

「オーブンに焼く人もいますが私には柔らかい鶏肉を作るためゆでる方が好きです。もちろんもう焼いた鶏肉を使うのが便利な近道です。」

フライパンにあるスパイス

カレー粉をいい臭いが出るまで油なしでフライパンに炒めます。

mix for blog

チャツネとアプリコットとマヨネーズとヨーグルトとカレー粉と刻んだコリアンダーをボールで混ぜ合わせます。

お肉と作ったソースを合わせ、上にアーモンドを振りかけます。

コロネーションチキンの食べ方

コロネーションチキンがいろいろなように食べられています。サラダや冷たいバスマティ米のご飯と一緒かサンドの中によく食べます。

私の勧めが写真の通り、持ちやすいサラダ菜の中です。美味しく、食べやすいです。

材料とレシピについて

1953年の原型のレシピに従って、赤ワインもタマネギもレモン汁もトマトピューレも泡立てクリームも使います。

その以来、やぱりいろいろな種類のレシピがでてきました。このレシピはもっと簡単でも美味しいです。

できれば、脂身が多いギリシアのヨーグルトを用います。手に入らなかったら普通なヨーグルトでもいいです。

マンゴチャツネがインドの味を持ち入れますがそのかわりにアプリコットジャムも用いられます。

レーゾンやショウガを用いるレシピもあります。私は干し果物と言えば、干しアプリコットがもういいと思います。ショウガの方は使うこともあります。好きだったらショウガの少量を加えてみてください。