クランペット

クランペットはイギリスの朝ご飯とアフタヌーンティーの独特な食べ物です。クランペットはバターをたっぷり塗って食べるので、バター好きの方にぴったり合う食べ物です。

柔らかい歯応えのあるクランペットが表面に小さな気孔があるのでトップングの浸透性が高いのです。その気孔を作るのがクランペットのコツです。

イギリスではクランペットがスーパーで販売されていますが手作りの方がより美味しいです。

クランペットの材料

クランペットの材料

  • 強力粉  125g
  • 薄力粉  125g
  • インスタントドライイースト  10g
  • 砂糖  小さじ1
  • 牛乳  250ml
  • 水  100-150ml
  • 重炭酸ソーダ  小さじ半分
  • 塩  小さじ1
  • 植物油  少量

クランペットの作り方

  1. 強力粉、薄力粉、イーストをボールに入れ、混ぜ合わせます。牛乳を鍋で35-40°Cに温め、砂糖を入れ、溶けます。牛乳を強力粉とかのボールに入れ、木べらでよく混ぜます。「3-4分」
  2. ボールにラップをして暖かい場所に置き、1時間ごろ発酵させます。生地がイーストの働きで最初に膨らんでから、少し減ります。
  3. 水を温くして、重炭酸ソーダと塩を入れ、生地と混ぜ合わせます。必要なら、生地を少し薄くするため、水を少しずつ加えます。ボールにまたラップをして暖かい場所に20分頃置きます。生地がべたべたして、表面に気泡が出るはずです。
  4. セルクルの内側にバターを塗ります。フライパンを温めてバター少量を溶かし、セルクルをのせます。
  5. 生地を厚さ1cmまでセルクルに流し込み、弱火で焼きます。穴がブツブツあいてきます。
  6. 8-10分後にキツネ色が底についたら セルクルをはずして、フライ返しで返し、裏を少しだけ焼きます。こんがりと色付いたら焼き上がりです。
  7. バターたっぷりとマーマイト少しをかけていただきます。

混ぜる前の材料

混ぜた材料

クランペットの生地を入れる

焼いているクランペット

穴いっぱいあるクランペット


裏を焼く

トップングについて

色々なトップングを使う方もいるそうです。「たとえば、wikipediaによると。」 ところで、私はバターとマーマイトしかを食べないのです。クランペットなら、塩辛いトップングが必要。自分の意見で。

バターとマーマイトが塗られたクランペット

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中