ラビットパイ 「Rabbit pie」

ピーターラビットのお話のマグレガーさんが作ってほしいのようなラビットパイのレシピです。

イギリスではウサギの肉がほとんど野生動物から来るので産業革命の前に田舎の普通の食べ物でしたが、今日では一般な食べ物ではないのです。それでも、ウサギの肉が手に入るとイギリスの民族料理の味を食べるため、このレシピを作ってみてください。

 

ラビットパイの材料

ラビットパイの材料

  • 油  少量
  • ウサギ  2羽
  • ベーコン  200g
  • りんご酒  「辛口」 300-400ml
  • セロリ  2本  刻んだ
  • タマネギ  1個  刻んだ
  • ニンジン  2本  刻んだ
  • ローレル  2葉
  • キノコ  300g
  • バター 15g
  • 小麦粉  15g
  • ペストリー  「できればパフペストリー」  1枚か225gぐらい
  • 溶き卵  1個

ラビットパイの作り方

刻んだベーコン

焼いているベーコンの油

ベーコンから油の大体を刻み、フライパンで中火に油の部分溶かします。

ほとんど溶かしたら、残っているベーコンをフライパンに入れ、5分ごろ焼きます。焼いたベーコンを取り出し、後のため置きます。

焼いているウサギ

ウサギ肉を同じフライパンで強火に外が焼き色をつけまで焼きます。ウサギ肉を取り出し、大きいな鍋に入れます。

りんご酒の少しをフライパンに注ぎ入れ、弱火で付着した汁を煮溶かします。

ウサギの鍋にフライパンの内容と残っているりんご酒とニンジンとセロリとタマネギとローレルを加え、必要なら内容の全部が浸しているためお水も加えます。

パンにいウサギ

弱火に一時間ぐらい焼き、火から下ろします。
ウサギのお肉

冷ましたら、ウサギを取り出し、骨抜きします。鍋の残っている内容を濾します。野菜とかを捨て、汁を取っておきます。必要あれば500mlになるまで汁を煮詰めます。

キノコを油の少量でフライパンに茶色をつけまで炒めます。

ウサギとキノコとベーコン

お肉とキノコと残ったベーコンとキノコをパイ皿を入れます。

ソースを作る

ソスはバターと小麦粉のルーと汁を炒めながら作ります。

パンにいるバターと小麦粉

バターを鍋に溶かし、弱火にします。小麦粉を入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。5分ごろです。焦げないように気をつけてください。

汁を少しずつ加え、手早く混ぜ続け、なめらかになったらできました。味をととのえるため、塩を少量加えます。

パイを取り合わせる

ラビットパイの内容

まずはオーブンを190度に予熱します。

ソースをパイ皿に注ぎ入れます。

ペーストリーに溶き卵を塗る

ペストリーはパイ皿がかぶせる大きさまで伸ばし、パイ皿にかぶせます。はみ出た分を切り落とし、縁をフォークか指で押さえます。

空気が出る穴を2,3かナイフで切り、表面に溶き卵を塗ります。

オーブンに入れ、30分で焼きます。

焼いたラビットパイ

材料について

セロリーとタマネギとニンジンとローレルの役割が美味しい汁を作ることだからそれの変わりに自由にに他の似ている野菜とハーブも使えます。ウイキョウかニラネギを使ってみてはどうでしょうか。

りんご酒がイギリスの田舎の味を加えますがその変わりに赤ワインを使ってもいいです。

野生ウサギ肉が油をほとんど持ってないから焼くとぱさぱさになる傾向があります。それでこういう風に遅く煮り、ソースで焼いた方がいいのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

This is a recipe for a rabbit pie like the one Mr McGregor wanted to make in The Tale of Peter Rabbit.

In Britain rabbit meat generally comes from wild animals and as a result, though it was a common food before the industrial revolution, today it is not widespread.  However, if you can lay hold of rabbit meat then try out this recipe for a taste of British tradition.

Rabbit pie ingredients

  • cooling oil
  • 2 rabbits
  • 200g bacon
  • 300-400ml dry cider
  • 2 sticks celery, chopped
  • one onion, chopped
  • 2 carrots, chopped
  • 2 bay leaves
  • 300g mushrooms
  • 15g butter
  • 15g flour
  • 225g or one sheet of frozen pastry (preferably puff pastry)
  • 1 egg, beaten

Rabbit pie method

Cut the fattiest part from the bacon and melt the fat on a medium heat in a frying pan.

When most of the fat has rendered, put in the rest of the bacon and fry for about five minutes.  Take out the bacon and reserve for later.

Fry the rabbit in the same pan over a high heat until all sides are browned.  Remove the rabbit and place in a large pan.

Pour a little of the cider into the frying pan and deglaze the pan over a low head.

Pour the contents of the frying pan and the remainder of the cider into the rabbit pot and add the celery, carrot, onion and bay leave.  If necessary add water sufficient to cover the ingredients.

Cook on a low heat for about an hour and then take off the heat.

Once cooled, take out the rabbit and remove the meat from the bones.  Sieve the contents of the pan and discard the vegetables, retaining the broth.  If necessary reduce the broth to 500ml.

Fry the mushrooms until golden.

Add the mushrooms, rabbit and reserved bacon to a pie dish.

Make the sauce

The sauce is made from a roux of butter and flour and the rabbit broth.

Melt the butter in a pan and add the flour, stirring for about five minutes until the floury taste is cooked out. Take care not to burn the mixture.

Slowly pour in the broth little by little, stirring all the time, until you have added it all and have a medium thick consistency.  Add salt to adjust the taste.

Assemble the pie

First heat the oven to 190 degrees.

Add the sauce to the pie dish.

Roll out the pastry to a size sufficient to cover the pie dish and lay on top.  Use a fork or your fingers to squash down the sides of the pastry.

Paint the top of the pie with beaten egg and make one or two holes in the pastry to allow air to escape.

Put in the oven and cook for 30 minutes.

About the ingredients

The celery, onion, carrot and by leaf are there to flavour the broth, so use similar herbs and vegetables in their place as you like.  Why not try leeks or fennel?

Cider adds the flavour of the English countryside, but you can use white wine instead.

Because wild rabbit meat is very low in fat, it has a tendency to dryness when cooked. Because of this the mehod of cooking used here, long slow simmering followed by cooking in a sauce, is the best approach.

広告

スロー・ジン 「Sloe gin」

スロー・ジンはイギリスの家庭で作った甘くて香り豊かなお酒です。味が元のジンと秋のプラムの一類の「スロー」からきます。二か三ヶ月間の熟成の待つ間が必要なのにすごく作りやすいです。スローがクリスマスの三ヶ月前に熟するのだからクリスマスのため出来上がります。スローの木が北ヨーロッパで生えるからこのレシピはヨーロッパに住む日本人のためです。

スロー・ジンの材料

  • スロー 450g
  • 砂糖 100−200g
  • ジン 1l

スロー・ジンの材料

スロー・ジンの作り方

簡単です!

スローを集める

スローの木

スローはイギリスの公園とか田舎の道端とか茂みに生えて自由に取られます。木が高くないから取りやすいですが棘もあるので気をつけてください。

スローを冷凍する

冷凍すれば、スローの皮が割れて味がもっとやすくジンに入ります。スローはすすいでから冷凍するまでに冷凍庫に置きます。全部のスローが割れなくても問題ないです。

スローをジンに入れる

スローを適当な瓶に入れてからジンを注ぎます。

お砂糖を入れます。私は100gだけを使うのですが、甘さが個人的なことだから最初に100gぐらいを入れてからスロー・ジンが熟成する前自分の味覚に似合うほどお砂糖を加えた方がいいです。

ジンにあるスロー

待つ!

瓶を暗い所に置いて時々穏やかに振ります。二ヶ月間後、毎週試食して味がちょうどよかったらスローを捨て、新しい瓶に移します。

味について

スローからきた味は最初に渋すぎるのですがだんだん香り豊かになります。もっと時間がかかたら、種のアーモンドのような味が出て強くなります。その味ともっと速い香り豊かなのとのバヤンスが自分のためちょうどいい時にスロー・ジンができました。

飲み物とスロー・ジンのカクテル

スロー・ジンが梅酒と似ている点もあるから、梅酒の似合う飲み方がスロー・ジンにも似合うのです。

ちっちゃい時、寝る前祖母にスロー・ジンの少しを飲ませたから今でもその同じようにストレートで飲むことです。それはだいたいのイギリス人の飲み方でしょうけど、オンザロックの方かカクテルの方も美味しいです。

スロー・ジン・フィズのカクテル

大好きなスロー・ジン・フィズのカクテルを飲んでみてください。

  • スロー・ジン 50ml
  • レモンジュース 25ml
  • 砂糖 1tsp
  • ソーダ水 適量
  1. ソーダ以外の材料をシェークします。
  2. 氷を入れたタンブラーに注きます。
  3. ソーダで満たします。
  4. 飲みます!

他の美味しそうカクテルのレシピ、英語で。

スローについて

スロー「英語でsloe」はイギリスの公園とか田舎の道端とか茂みに生えて自由に取られるプラムの一種です。大きさは直径1.5cmぐらいで紫をして九月ごろ熟します。苦すぎるのでそのまま食べられないのです。もつと大きな「ブレス」と「ダムソン」というプラムの一種もあってそれも美味しいジンになるのです。

スローの木

—————————-

Sloe gin is a sweet, fragrant liqueur made at home in Britain.  The flavour comes from the gin base and sloes which are a kind of plum.  Though it takes two to three months to come ready, it’s amazingly easy to make.  Sloes themselves ripen about three months before Christmas, so it comes ready at Christmas time.  Since sloes grow in Northern Europe, this is a recipe for Japanese who live in Europe.

Sloe gin ingredients

  • Sloes 450g
  • Sugar 100-200g
  • Gin 1l

スロー・ジンの材料

Making sloe gin

It’s easy!

Gather the sloes

スローの木

Sloes grow in parks, the countryside and hedgerows in Britain and are there for the taking.  Sloe bushes aren’t tall, so they’re easy to gather, but watch out for the thorns.

Freeze your sloes

When you freeze sloes, their skin splits and the flavours enter the gin more easily.  Wash the sloes and then put them into the freezer for as long as it takes to freeze them.  Don’t worry if not all of them split.

Put the sloes into the gin

Put the sloes into a suitable bottle and pour over the gin.

Put in the sugar.  I use just 100 grams but as sweetness is a personal thing I’d advise putting in 100 grams to start with and then as the drink matures adding sugar to suit your personal taste.

ジンにあるスロー

Wait!

Put the bottle in a dark place and shake gently every now and then.  After two months, taste every week and when it’s just right discard the sloes and decant the gin.

About flavour

At first the flavour from the sloes is too astringent, but gradually it softens and becomes more fruity.  As well as that, the more time passes the stronger the almond-like flavour from the sloe stones.  The sloe gin is ready when the balance of that flavour and the faster fruity one is just right for you.

Drinking sloe gin and cocktails

Because sloe gin has many points in common with umeshu, any way of drinking umeshu is also suited to sloe gin.

When I was little, my grandmother would give me a little sloe gin before bed, so even now I drink it the same way – straight.  Which I think is probably the way most British people would drink this, but it’s also delicious with ice or in a cocktail.

スロー・ジン・フィズのカクテル

Give this sloe gin fizz cocktail (which I love) a try.

  • Sloe gin 50ml
  • Lemon juice 25ml
  • Sugar 1tsp
  • Soda water
  • Ice
  1. Mix all the ingredients but the soda water
  2. Pour into a tumber filled with ice
  3. Top up with soda water
  4. Drink

Other recommended cocktails.

On the subject of sloes

Sloes are about half an inch in diameter, purple and ripen around September.  They’re too bitter to eat just as they are.  There are also similar, larger plum types bulaces and damsons, from which good gins can also be made.

スローの木