イギリスのパンケーキ・デイのパンケーキ

イギリスのパンケーキはアメリカのふわふわしたホットケーキと違ってフランスのクレープに似ています。巻いたパンケーキにいろいろのフィリングと食べても、イギリスの代表するの味は砂糖とレモン汁でず。ほかの人気のフィリングがバナナとかチョコレートとかジャムです。パンケーキはほとんどデザートで食べますがセイボリー「塩味」で食べたら私はスクランブルエッグとスモークサーモンの方が大好きです。

パンケーキ・デイはクリスト教の起源をもつ祭です。イースターの前の四旬節には苦行のためクリスト教の信者が昔、砂糖とかバターのような美味しいい食べ物をやめたのです。従って、四旬節の初日である灰の水曜日の前日には家の残っている砂糖やバターや卵を使い切る必要もありました。その理由でパンケーキを作る伝統が始まりました。

四旬節の前の火曜日「Shrove Tuesday」は世界でいろいろの伝統もあります。例えば、ブラジルのカーニバルとかニューオリンズのマルディグラ。やぱり、イギリスの方は比較的に控えめですね。

イギリスのパンケーキの材料

イギリスのパンケーキの材料

  • 小麦粉  110g
  • 卵  二個
  • 牛乳  200ml
  • 水  75ml
  • バター  適量

イギリスのパンケーキの作り方

  1. 水を牛乳に入れる。
  2. 小麦粉をボールに入れ、溶き卵を加えて混ぜる。
  3. 泡立て器で混ぜながら牛乳と水を少しづつ加える。「早すぎ加えたら、かたまりを作る。」
  4. 生地は細いクリームの濃度に成るまで混ぜながら牛乳を加える。「このところに牛乳が残ってもいい。」
  5. 30分ほど常温で寝かせる。
  6. フライパンにバターの少しを溶かし、生地をお玉一杯くらい流し、フライパンに薄く広げる。「広げにくかったらボールの生地に牛乳をまた加える。」
  7. 中火に裏返すことができるまで焼く。
  8. 裏返して両面をこんがり焼く。
  9. 各パンケーキのため、新しくフライパンにバターを入れる。「一番目のパンケーキはほとんどよくない。」
  10. お好みのフィリングをかけてパンケーキを巻いて、食べる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中