スティルトン・チーズ・スープ

スティルトン (Stilton) は、イギリスの地方の名物のチーズの一つです。ホワイトスティルトンのタイプもありますが普通にに「スティルトン」といえばブルー・スティルトンを指します。

スティルトンはパンかクラッカーと食べることが多いです。それにこのレシピのように野菜を用いたスープとかにスティルトンで味を付けることも人気です。

ブルーチーズの特徴的な味が強すぎる人はこのスープを食べてみたら、スティルトンを味わうと思います。

スティルトンチーズスープの材料

  • 玉ねぎ 一個1/2
  • ブロッコリー 一個
  • スティルトンチーズ 100g
  • チキンストック 500cc
  • 生クリーム 80cc
  • バター 50g
  • 塩 適量

スティルトンチーズスープの作り方

  1. 玉ねぎをスライスして鍋にバターで弱火に炒める。(5-10分)
  2. ブロッコリーをみじん切りにする。
  3. スティルトンチーズをおろす。
  4. チキンストックを玉ねぎに加え、沸騰させる。
  5. ブロッコリーを加え、中火にブロッコリーが柔らかくなるまで煮込む。(約10-15分)
  6. スティルトンチーズと生クリームを加え、また沸騰させる。
  7. 火を消して少し冷やしたらミキサーでよく混ぜ合わせる。
  8. 必要なら薄いクリームの濃度にするまで少し湯を加える。
  9. 塩で味をととのえる
  10. 必要ならまた温めて、出来上がり!

温かいパンと一緒召し上がります。

広告

菊芋スープ

このスープはイギリスを代表してストックに基づいてこってりしたスープの一つであるのです。「ストックの作り方がここ」。レシピをイギリス料理の基礎の「English Food」と言う本から取ったのです。

イギリスの菊芋スープはなんでパレスチナスープと呼ばれているか?

このスープは英語でパレスチナスープ「Palestine soup」と言われますが実際にパレスチナと関係ないのです。パレスチナスープの主成分が菊芋です。菊芋は英語でエルサレム・アーティチョーク「Jerusalem artichoke」と呼ばれています。きっとエルサレムとパレスチナの関係の理由で昔にこのスープが面白い名前を受けたのです。

ところで、菊芋の英語の名前はも珍しいです。菊芋と本物のアーティチョークは全然違う植物から来ても味がかなり似て入るので英語でアーティチョークと呼ばれてきたのです。名前の「Jerusalem 」の部分は元々のイタリア語のジラソール「girasole」と言う名前の英語の転訛です。

パレスチナスープの材料

パレスチナスープの材料

  • 菊芋  500g
  • バター 75g
  • タマネギ  一個か二個  「細かく刻んだ」
  • セロリ  一本  「刻んだ」
  • ニンニク  一片  「刻んだ」
  • ベーコン  二枚  「刻んだ」
  • チキンストック  1.5l
  • 生クリーム  60g
  • パセリ  「添えるための適量」

パレスチナスープの作り方

  1. 菊芋を5分で熱湯にくぐらせて、皮をむく。
  2. バターを鍋に溶けて、タマネギ、セロリ、ニンニクを入れ、柔らかくなるまでに炒める。
  3. ベーコンを入れ、炒める。
  4. 菊芋とチキンストックの3分の2を入れ、菊芋が柔らかくなるまでにとろとろ煮える。
  5. ミキサーにかけてピュレ状にする。
  6. 必要なら、お好み濃度を作るため残っているチキンストックを加える。
  7. 鍋に温めて、生クリームを加え、よく混ぜる。
  8. スープを出す前、刻んだパセリを加える。

えんどう豆とミントスープ

えんどう豆とミントスープの材料

  • 長ネギ  一握り  「刻んだ」
  • ニンニク  二片 「細かく刻んだ」
  • えんどう豆  500g
  • ミント  一握り
  • 野菜か鶏の出し汁  500ml
  • 生クリーム  50ml  「それとも牛乳 75ml」

えんどう豆とミントスープの作り方

油を鍋に入れ、ネギとニンニクを弱火で柔らかくなるまで炒めます。

えんどう豆、ミント、出し汁を鍋に入れ、ふたをし、弱火に15分ごろ煮ます。火から下ろし、冷まします。

ミキサーにかけ、なめらかにします。


そのまま食べられますがスープをもっとなめらかにするため、こした方がいいです。ザルに注ぎ入れ、擂り粉木かスプーンでよくこします。

生クリームを入れ、塩で味をととのえます。食べる前冷やします。