イングリッシュブレックファースト

日本人と話したら、イギリス料理の中には朝ごはんしか美味しい料理がないという意見をよく聞きます。私は朝食以外いろいろな美味しいイギリス料理もあることを証明したいからブログを作りますがこのブログエントリーにはフル・イングリッシュ・ブレックファーストに向けます。

イングリッシュブレックファーストとはイギリスの伝統的な朝食です。一皿にトースト、ソーセージ、ベーコン、卵料理、焼いたトマトやマッシュルーム、ベイクドビーンズなどをとりあわせて盛ったもののセットです。「フル」とはそういうセットの全部を示します。それで、ホテルには「full English?」を聞かられたら、その質問は「セットの中の食べたくないものありますか?」という意味です。

フルスコッティシュブレックファースト「別名、スコッティシュブレックファースト」やフルアイリシュブレックファースト「別名、アイリシュブレックファースト」というバリエーションもあります。実を言うと、 バリエーションの違いが少ないですがイギリスの各国の名物が役割を果たしています。たとえば、アイリシュブレックファーストなら、普通のパンの代わりにソーダブレッドが出てきます。イギリス人はフルブリティッシュブレックファーストを言わないのです。

イングリッシュブレックファーストの起源

イングリッシュブレックファーストは労働者に力を伝えるためのボリュームのある朝食です。たとえば、祖父は農家にしては毎日朝早く起きて9時まで働いてから家に帰って祖母が作ってやったイイングリッシュブレックファーストをたっぷり食べました。その後には祖父がまた農家の仕事に戻りました。

「ところで、イギリスのイメージには農家の主婦は料理が上手なのに祖母は実際に下手でした。おじさんによると朝に家の中の焦げたトーストの臭いでキッチンには朝食が出来上がったことが分かったそうです。」

今度は労働をあまりしないオフィスで働くイギリス人はそんなにスタミナ食の必要もないから普通な平日にはトーストなどコーンフレークのような手軽な食べ物ですましますが休みとか週末なら、イングリッシュブレックファーストがよく我々イギリス人の食卓に登場します。

イングリッシュブレックファーストの成分

卵料理

イングリッシュブレックファーストでは、卵の焼き方を好みに合わせて選びます。目玉焼き、炒り卵、落とした卵やゆで卵が人気です。

ベイクドビーンズ

ベイクドビーンズはインゲン豆を甘辛いソースで煮た庶民料理です。イギリスでは缶詰の方がとても安いから家であまり作りませんが日本だったらきっと手に入りにくいようなのでブログエントリーで手作りレシピをご紹介しています。

パン

バターとジャムかマーマーレードかマーマイトを塗ったカリカリのトーストが一般的です。

(イギリスの独特のマーマイトは塩辛く、とりとりした食感の黒いペーストです。特有の味なの理由で大好きな人と大嫌い人しか人がいないと言われています。)

ベーコン

イギリスのベーコンは味のついていない方と燻製の方もあります。私は脂身があるベーコンをグリルでカリカリになったところまでよく焼きます。グリルの代わりに、オーブンかフライパンを使えます。

ソーセージ

イギリスのソーセージは日本のと比べるとパリっという食感がなくて、より柔らかいのです。いろいろな種類があります。たとえば、写真にはフランスのトゥールズの味のや鹿肉のや豚肉とアンズのやスパイシーなソーセージを見えます。

焼きトマト

二つに切ったトマトをグリルで簡素に焼くのが普通ですが私は苦手だからホテルには焼きトマトなしのイングリッシュブレックファーストを注文します。家には塩をかけたトマトを弱い温度(50C)のオーブンで長く焼くのです(5時間でもいい)。前の日に作って朝にグリルで温めます。

焼きマッシュルーム

日本の種類のキノコと違ってもイギリスにはたくさんの種類のマシュルームがあります。フライパンにかグリルで簡素に焼きます。

ソース

トマトケチャップとイギリスの独特のブラウンソースが人気です。ブラウンソースは酢とジュースをベースにトマト、デーツ、砂糖、タマリンドやスパイスが加えられている甘酸っぱいソースです。きっと日本では珍しいのでここに手作りレシピをご紹介しています。

オプションアル成分

イギリス人はキッパー(kipper)という燻製のニシン以外は朝ごはんに魚をあまり食べません。イギリスではキッパーを魚屋とかスーパーに買えますが手に入りにくい日本だと、キッパーの代わりに新鮮なニシンを用いるだろうと思います。

ブラックプディング

ブラックプディングとはイギリスのブラッドソーセージで、血液を材料として加えたソーセージです。それをスラスラしてフライパンで炒めます。(プディングとはデザートという意味ではなくて、プディングの起源から伝えた意味です。元々のプディングは全部ソーセージのように臓物に色々な具を詰めて茹でるか蒸した腸詰めの料理でした。)

広告

イギリスのブラウンソース

ブラウンソースはトマトケチャップと一緒イギリスの朝ごはんの必要なソースです。味が甘酸っぱくピリッとして人気なブランドがH.P.SauceとDaddiesです。時にソーセージとベーコンと食べるのです。

あまり家で作らないですが手作りの方が美味しいです。

ブラウンソースの材料

ブラウンソースの材料

  • 缶詰のトマト 400g
  • 玉ねぎ 一個半分 (細かく刻んだ)
  • デーツ 60g (刻んだ)
  • リンゴ 一個 (芯と皮を捨て刻んだ)
  • 赤砂糖 35g
  • ブラックトリークル 1.5大さじ (手に入らなかったら、赤砂糖20gを用いる)
  • タマリンドの果肉 大さじ
  • ウスターソース 小さじ
  • マスタード 小さじ
  • カイエンペッパーかパプリカ 小さじ
  • シナモン ひとつまみ
  • 酢 80-100ml (できればモルトビネガー)
  • 塩 適量
  • 油 適量

ブラウンソースの作り方

  1. 鍋に少々油を熱し、玉ねぎが柔らかくなるまで炒める。
  2. トマト、デーツ、リンゴ、赤砂糖、ブラックトリークル、タマリンド、ウスターソース、マスタード、スパイスと酢の80mlを鍋に入れ、弱火に長く煮込む。(2時間でもいい)
  3. 煮込みながら、必要に応じて水を少しずつ加える。
  4. ソースをミキサーにかけてピューレ状にする。
  5. 少し冷えたら、塩と酢で味を整える。

イギリスのパンケーキ・デイのパンケーキ

イギリスのパンケーキはアメリカのふわふわしたホットケーキと違ってフランスのクレープに似ています。巻いたパンケーキにいろいろのフィリングと食べても、イギリスの代表するの味は砂糖とレモン汁でず。ほかの人気のフィリングがバナナとかチョコレートとかジャムです。パンケーキはほとんどデザートで食べますがセイボリー「塩味」で食べたら私はスクランブルエッグとスモークサーモンの方が大好きです。

パンケーキ・デイはクリスト教の起源をもつ祭です。イースターの前の四旬節には苦行のためクリスト教の信者が昔、砂糖とかバターのような美味しいい食べ物をやめたのです。従って、四旬節の初日である灰の水曜日の前日には家の残っている砂糖やバターや卵を使い切る必要もありました。その理由でパンケーキを作る伝統が始まりました。

四旬節の前の火曜日「Shrove Tuesday」は世界でいろいろの伝統もあります。例えば、ブラジルのカーニバルとかニューオリンズのマルディグラ。やぱり、イギリスの方は比較的に控えめですね。

イギリスのパンケーキの材料

イギリスのパンケーキの材料

  • 小麦粉  110g
  • 卵  二個
  • 牛乳  200ml
  • 水  75ml
  • バター  適量

イギリスのパンケーキの作り方

  1. 水を牛乳に入れる。
  2. 小麦粉をボールに入れ、溶き卵を加えて混ぜる。
  3. 泡立て器で混ぜながら牛乳と水を少しづつ加える。「早すぎ加えたら、かたまりを作る。」
  4. 生地は細いクリームの濃度に成るまで混ぜながら牛乳を加える。「このところに牛乳が残ってもいい。」
  5. 30分ほど常温で寝かせる。
  6. フライパンにバターの少しを溶かし、生地をお玉一杯くらい流し、フライパンに薄く広げる。「広げにくかったらボールの生地に牛乳をまた加える。」
  7. 中火に裏返すことができるまで焼く。
  8. 裏返して両面をこんがり焼く。
  9. 各パンケーキのため、新しくフライパンにバターを入れる。「一番目のパンケーキはほとんどよくない。」
  10. お好みのフィリングをかけてパンケーキを巻いて、食べる。

ケジャリー

ケジャリーはインドに由来をもつイギリス料理のひとつである。大英帝国の時代、イギリスのインドの植民がインドの起源のキチュリと呼ばれる料理を変更して、朝食としてイギリスに紹介しました。今回、もっと広くて食べているので、私はよく家族で昼ご飯のため作ります。

ケジャリーの材料

ケジャリーの材料

  • 冷やご飯  4人前/450gぐらい 「できれば、バスマティライス」
  • コダラの燻製  450g
  • バター  120g
  • タマネギ  一個  「細かく刻んだ」
  • 辛いチリ「かチリパウダー  」 一本  「刻んだ」
  • カルダモン種  二個  「つぶした」
  • カレー粉  二つの小さじ
  • ウコン  小さじの半分
  • エンドウ豆  「冷凍」100g
  • ゆで卵  二個
  • パセリ  一握り  「刻んだ」
  • レモン  二個  

ケジャリーの作り方

  1. エンドウ豆を戻し、レモンの一個を絞ります。レモンの一個とゆで卵を四分に刻みます。
  2. コダラは鍋に入れ、 全部が浸かるだけの十分な沸騰させた水を鍋に加えます。
  3. 10分寝かせてから、湯を捨て、触れられるほどコダラを冷やして、ほぐします。
  4. 鍋にバターを溶かし、タマネギが柔らかくなるまで炒めます。
  5. チリ、カレー粉、カルダモン、ウコンを入れ、2分炒めます。
  6. ご飯、コダラ、エンドウ豆を鍋に加え、温めるまで混ぜます。
  7. 火から下ろし、パセリとレモン汁を加え、混ぜます。
  8. 塩で風味をつけます。
  9. 器に盛り付けて、ゆで卵とレモンを添えます。食べる時に好みでレモンを絞りかけます。

バターとタマネギ

鍋にいるケジャリーの材料

ケジャリー

ケジャリーについて

実を言うと、この料理にしては、魚の種類が大事です。インターネットで読んで日本語のレシピがよくスモークサモンもしくはサバを用いるのですがそういう脂身の多い魚の味がケジャリーには似合わないわけです。白身の魚だけが役に立つので、コダラの燻製が手に入らなかったら、新鮮なコダラとかタラを使った方がいいのです。

クランペット

クランペットはイギリスの朝ご飯とアフタヌーンティーの独特な食べ物です。クランペットはバターをたっぷり塗って食べるので、バター好きの方にぴったり合う食べ物です。

柔らかい歯応えのあるクランペットが表面に小さな気孔があるのでトップングの浸透性が高いのです。その気孔を作るのがクランペットのコツです。

イギリスではクランペットがスーパーで販売されていますが手作りの方がより美味しいです。

クランペットの材料

クランペットの材料

  • 強力粉  125g
  • 薄力粉  125g
  • インスタントドライイースト  10g
  • 砂糖  小さじ1
  • 牛乳  250ml
  • 水  100-150ml
  • 重炭酸ソーダ  小さじ半分
  • 塩  小さじ1
  • 植物油  少量

クランペットの作り方

  1. 強力粉、薄力粉、イーストをボールに入れ、混ぜ合わせます。牛乳を鍋で35-40°Cに温め、砂糖を入れ、溶けます。牛乳を強力粉とかのボールに入れ、木べらでよく混ぜます。「3-4分」
  2. ボールにラップをして暖かい場所に置き、1時間ごろ発酵させます。生地がイーストの働きで最初に膨らんでから、少し減ります。
  3. 水を温くして、重炭酸ソーダと塩を入れ、生地と混ぜ合わせます。必要なら、生地を少し薄くするため、水を少しずつ加えます。ボールにまたラップをして暖かい場所に20分頃置きます。生地がべたべたして、表面に気泡が出るはずです。
  4. セルクルの内側にバターを塗ります。フライパンを温めてバター少量を溶かし、セルクルをのせます。
  5. 生地を厚さ1cmまでセルクルに流し込み、弱火で焼きます。穴がブツブツあいてきます。
  6. 8-10分後にキツネ色が底についたら セルクルをはずして、フライ返しで返し、裏を少しだけ焼きます。こんがりと色付いたら焼き上がりです。
  7. バターたっぷりとマーマイト少しをかけていただきます。

混ぜる前の材料

混ぜた材料

クランペットの生地を入れる

焼いているクランペット

穴いっぱいあるクランペット


裏を焼く

トップングについて

色々なトップングを使う方もいるそうです。「たとえば、wikipediaによると。」 ところで、私はバターとマーマイトしかを食べないのです。クランペットなら、塩辛いトップングが必要。自分の意見で。

バターとマーマイトが塗られたクランペット

ベイクドビーンズ

イギリスのホテルに泊まったら確かに朝ご飯にベイクドビーンズを食べれます。午後のスナックでトーストの上にもよく食べられています。

ベイクドビーンズはイギリスの代表的な国民食でイギリス人がほとんど缶詰めの方を食べます。

それでも最近手作りのベイクドビーンズを供するパブが増えてきました。これはミシュランの星の二つを持っているハンド・アンド・フラワーズというパブの少し変更したレシピです。

ベイクドビーンズの材料

  • 白インゲン豆 200g (干したのか缶詰)
  • ニンニク 1片
  • 玉ねぎ 一個半分
  • 缶詰トマト 200g
  • トマトケチャップ 大さじ2
  • 黒砂糖 適量
  • 赤ワイン酢 適量
  • 植物油

ベイクドビーンズの作り方

豆の用意

  1. 豆は水に浸して塩大さじ二つ加えて一晩置く。
  2. 水を捨てて、鍋にたっぷりの水で豆を中火で茹でる。
  3. 沸騰した湯を捨てて、またたっぷりの水をいれて豆が柔らかくなるまで茹でる。(一時間頃)

あるいは缶詰の白インゲン豆を使ったら用意の必要ではありません。

ソースを作る

  1. タマネギとニンニクをみじん切る。必要ならトマトも切る。
  2. 鍋に油を入れてタマネギとニンニクを加えて弱火で薄く色がつくまで炒める。
  3. 缶詰のトマトとトマトケチャップと250mlの水を入れて沸騰をしてから弱火で一時間で煮え立つ。
  4. ソースをミクサーでピューレ状にしてまた鍋に入る。
  5. 豆を加えてソースが濃くて豆が柔らかくまで弱火で煮え立つ。(豆によってかかる時間が違う。私が干した豆を使って三時間くらいかかった。必要なら、煮え立ちながら水をだんだん加える。)
  6. ソースを毒味していいバランスを作るため、砂糖や赤ワイン酢や塩で味を整える。

ベイクドビーンズの食べ方

ベイクドビーンズが甘いので特に塩っぽい食べ物と一緒美味しいです。ベーコンとかソセージ。舌触りが違うからトーストと一緒の方も美味しいです。

安いから学生たちがよく食べます。学生時代毎週せめて二回ヘークドポテートとベイクドビーンズとチーズを食べることでした。