マッシュポテト

マッシュポテトは控えめな食べ物でもイギリスの家庭料理の中には色々の料理を添えて大事な役割をします。シチュー、ソーセージ、サンデーローストを添えて、または魚パイかシェパードパイのトッピングでよくわが家の食卓に登場します。

マッシュポテトはイギリスの本当の母の味で、基本のコンフォート・フードです。熱々でこくのある料理と一緒にいただくのがイギリスの決まりです。

マッシュポテトのコツ

ホクホクしたマッシュポテトのコツは水分を控えめにすることにあります。それはジャガイモの種類と作り方によります。

まず第一に水分が低いジャガイモを選びます。イギリスならKing・EwardとかMaris・PiperとかDesireeがいいです。日本のジャガイモの種類は詳しくないですがきっと男爵いもの方がいいと思います。

第二にジャガイモは焼きながら、出来るだけ水分を上げないように注意します。あるコックは皮をむかないでジャガイモをオーブンで焼いてから中身をマッシュにします。やはり、オーブンのおかげで中身が少し乾燥します。

私は下の手段と写真の通りのゆでる方法を使います。1の塩の入れた湯は少しの水をジャガイモから引き抜くのです。4の潰したジャガイモを休ませる手段は少しの水分を蒸発させるのです。

添える料理

基本のマッシュを作ってから添える料理によってマッシュを整えます。例えば、ジューシーなシチューとかソーセージとグレービーのような水分の多い料理なら、少しだけの牛乳とバターをマッシュに加えます。

ブラックプディングとかローストハムのような水分の多くない料理なら、暖かい牛乳と溶けたバターをアップします。その場わいバターはジャガイモの重さの4分の1でもいいです。

そのうえには、基本のマッシュを整えるため他の根菜類のマッシュと混ぜられます。パースニップやセルリアックやキクイモはこのためいいです。

マッシュに味を伝えるため、下の5番の手段の暖かい牛乳はマッシュに加える前には材料を浸します。ニンニクとか西洋ワサビは暖かい牛乳に入れて、約10分後に取り除いたら味が牛乳に伝えたのです。

マッシュポテトの作り方

  1. 皮のむいていないジャガイモは塩の入れた湯に竹串がすっと通るまでゆでる。
  2. ざるに取って水気を切って、手で扱うところに粗熱を取る。
  3. 手で皮を取り除く。
  4. ボールにしジャガイモを潰して5分で蒸発させる。
  5. マッシュして暖めた牛乳と溶けたバターを加え、混ぜる。

2件のコメント 追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中