マルドワイン

マルドワインは赤ワインと香辛料と柑橘類などを温めて作るイギリスのクリスマスの飲み物です。レシピが決めていないのですがオレンジやグローブやシナモンが大事な味です。

マルドワインの材料

  • 赤ワイン  一本
  • ポートワイン  25cl
  • オレンジ 一個
  • レモン皮 一個の
  • グローブ  五粒
  • シナモン  一本
  • ナツメグ  一個の半分、下ろした
  • 砂糖

他の使えるスパイスはダイウイキョウ、カルダモン、生姜です。

マルドワインの作り方

  1. 綿モスリンあれば、スパイスを包みます。「そうすると6にこす必要のない。」
  2. 鍋にオレンジを絞り、レモン皮、スパイス、赤ワインの大さじ二つを加えます。
  3. 弱火で温めて、砂糖の大さじを加え、そのまま10分、15分ぐらい温めます。この間にレモンとスパイスの味がワインと結び付けます。
  4. 残っているワインとポートワインを加え、弱火で温めます。「沸かさないように注意してください。温めすぎたら、ワインのアルコールが蒸発します。それは嫌です。」
  5. 試食して、お好みほど砂糖を加えます。私はまた大さじぐらい。
  6. こして、暖かい間に飲みます。
ワインを入る前に
広告

ピムス 「Pimm’s」

イギリス人の考え方ではピムスイコール夏なのです。よく雲ているイギリスでは暖かく晴れた日が来ると大勢の人がパブのビアガーデン行ってピムス カクテルを飲むのです。

ピムスがウィンブルドン全英テニス選手権大会やヘンリー・ロイヤル・レガッタなどのイギリスを代表するイベントのなくてはならない飲み物と言えると思います。

ジンをベースにした、さわやかな果物とハーブとリキュールがミックスされた、甘くほろ苦い清涼の飲み物です。

ピムスカクテルの材料

ピムスの材料

  • ピムス  1
  • レモネード  「7UPとかSpriteのような」 3
  • キュウリ  スライスした
  • 果物  「オレンジ、イチゴ、レモン」スライスした
  • ハーブ  「ミントやあればルリジサの葉と花」
  • レモン汁  少量

ピムスカクテルの作り方

簡単です!

  1. 時間あれば、飲むの一時間ごろ前に、ミントを少しつぶし、キュウリ、オレンジ、レモン、ハーブとピムスをピッチャーに入れ、冷蔵庫に入れます。
  2. 氷、レモネード、イチゴを入れ、軽くかき混ぜます。お好みほど少しレモン汁も加えます。
  3. 日光で飲みます。

ピムスについて

ピムスが19世紀のロンドンでジェームズ・ピムに考案されました。最初にいろいろな酒をベースにした6の種類のピムスをオイスター バーで売りましたが、今ピムス No.1 カップと呼ばれた種類しか売られていないのです。

イギリスではミクサーのためほとんどレモネードを用いるのですがお好みように何の透明炭酸飲料も使えます。

ルリジサが伝統的ですが今大体の人がミントだけを使います。イギリスにイチゴが夏の果物でピムスのためたいてい入れますがリンゴとかを入れる人もいます。

スロー・ジン 「Sloe gin」

スロー・ジンはイギリスの家庭で作った甘くて香り豊かなお酒です。味が元のジンと秋のプラムの一類の「スロー」からきます。二か三ヶ月間の熟成の待つ間が必要なのにすごく作りやすいです。スローがクリスマスの三ヶ月前に熟するのだからクリスマスのため出来上がります。スローの木が北ヨーロッパで生えるからこのレシピはヨーロッパに住む日本人のためです。

スロー・ジンの材料

  • スロー 450g
  • 砂糖 100−200g
  • ジン 1l

スロー・ジンの材料

スロー・ジンの作り方

簡単です!

スローを集める

スローの木

スローはイギリスの公園とか田舎の道端とか茂みに生えて自由に取られます。木が高くないから取りやすいですが棘もあるので気をつけてください。

スローを冷凍する

冷凍すれば、スローの皮が割れて味がもっとやすくジンに入ります。スローはすすいでから冷凍するまでに冷凍庫に置きます。全部のスローが割れなくても問題ないです。

スローをジンに入れる

スローを適当な瓶に入れてからジンを注ぎます。

お砂糖を入れます。私は100gだけを使うのですが、甘さが個人的なことだから最初に100gぐらいを入れてからスロー・ジンが熟成する前自分の味覚に似合うほどお砂糖を加えた方がいいです。

ジンにあるスロー

待つ!

瓶を暗い所に置いて時々穏やかに振ります。二ヶ月間後、毎週試食して味がちょうどよかったらスローを捨て、新しい瓶に移します。

味について

スローからきた味は最初に渋すぎるのですがだんだん香り豊かになります。もっと時間がかかたら、種のアーモンドのような味が出て強くなります。その味ともっと速い香り豊かなのとのバヤンスが自分のためちょうどいい時にスロー・ジンができました。

飲み物とスロー・ジンのカクテル

スロー・ジンが梅酒と似ている点もあるから、梅酒の似合う飲み方がスロー・ジンにも似合うのです。

ちっちゃい時、寝る前祖母にスロー・ジンの少しを飲ませたから今でもその同じようにストレートで飲むことです。それはだいたいのイギリス人の飲み方でしょうけど、オンザロックの方かカクテルの方も美味しいです。

スロー・ジン・フィズのカクテル

大好きなスロー・ジン・フィズのカクテルを飲んでみてください。

  • スロー・ジン 50ml
  • レモンジュース 25ml
  • 砂糖 1tsp
  • ソーダ水 適量
  1. ソーダ以外の材料をシェークします。
  2. 氷を入れたタンブラーに注きます。
  3. ソーダで満たします。
  4. 飲みます!

他の美味しそうカクテルのレシピ、英語で。

スローについて

スロー「英語でsloe」はイギリスの公園とか田舎の道端とか茂みに生えて自由に取られるプラムの一種です。大きさは直径1.5cmぐらいで紫をして九月ごろ熟します。苦すぎるのでそのまま食べられないのです。もつと大きな「ブレス」と「ダムソン」というプラムの一種もあってそれも美味しいジンになるのです。

スローの木

—————————-

Sloe gin is a sweet, fragrant liqueur made at home in Britain.  The flavour comes from the gin base and sloes which are a kind of plum.  Though it takes two to three months to come ready, it’s amazingly easy to make.  Sloes themselves ripen about three months before Christmas, so it comes ready at Christmas time.  Since sloes grow in Northern Europe, this is a recipe for Japanese who live in Europe.

Sloe gin ingredients

  • Sloes 450g
  • Sugar 100-200g
  • Gin 1l

スロー・ジンの材料

Making sloe gin

It’s easy!

Gather the sloes

スローの木

Sloes grow in parks, the countryside and hedgerows in Britain and are there for the taking.  Sloe bushes aren’t tall, so they’re easy to gather, but watch out for the thorns.

Freeze your sloes

When you freeze sloes, their skin splits and the flavours enter the gin more easily.  Wash the sloes and then put them into the freezer for as long as it takes to freeze them.  Don’t worry if not all of them split.

Put the sloes into the gin

Put the sloes into a suitable bottle and pour over the gin.

Put in the sugar.  I use just 100 grams but as sweetness is a personal thing I’d advise putting in 100 grams to start with and then as the drink matures adding sugar to suit your personal taste.

ジンにあるスロー

Wait!

Put the bottle in a dark place and shake gently every now and then.  After two months, taste every week and when it’s just right discard the sloes and decant the gin.

About flavour

At first the flavour from the sloes is too astringent, but gradually it softens and becomes more fruity.  As well as that, the more time passes the stronger the almond-like flavour from the sloe stones.  The sloe gin is ready when the balance of that flavour and the faster fruity one is just right for you.

Drinking sloe gin and cocktails

Because sloe gin has many points in common with umeshu, any way of drinking umeshu is also suited to sloe gin.

When I was little, my grandmother would give me a little sloe gin before bed, so even now I drink it the same way – straight.  Which I think is probably the way most British people would drink this, but it’s also delicious with ice or in a cocktail.

スロー・ジン・フィズのカクテル

Give this sloe gin fizz cocktail (which I love) a try.

  • Sloe gin 50ml
  • Lemon juice 25ml
  • Sugar 1tsp
  • Soda water
  • Ice
  1. Mix all the ingredients but the soda water
  2. Pour into a tumber filled with ice
  3. Top up with soda water
  4. Drink

Other recommended cocktails.

On the subject of sloes

Sloes are about half an inch in diameter, purple and ripen around September.  They’re too bitter to eat just as they are.  There are also similar, larger plum types bulaces and damsons, from which good gins can also be made.

スローの木